読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☠状態異常だけど☠

ばっちり慢性化したパニック障害を抱えた腐女子の日記。好き勝手に語りたいことを書き連ねます。

AT「シタデル」

f:id:rena97:20161002165322p:plain

嫌な予感しかしていなかった

アドベンチャータイム第79話「目覚めの時/シタデル」を観ました。

 

フィンが捨て子の時点で碌な親ではないだろうと思っていましたが

こんなクズ親父が…!

本当に親子なのか疑問に思うくらいの最悪な親でしたね、マーティン。

 

プリズモが消滅したのも驚きの展開だったのですが、

その関連は次に語るとして、フィンが…!

腕が…!

 

声優さんはともかく(←鋼錬の主人公と同じ)

フィンの左腕が無くなるだろうことは並行世界や前世の話しを見ると

納得というか、逃れられない宿命なのかと思うのですが、

自分を捨てたクズ親父を引き止めようとしてあんなことになるとは。

日本版、及び海外用の編集だと腕が捥げるシーンが

ジェイクの顔アップでよく分からないので

原語版を観てみた所、既に「草の剣」に侵食されていた部分が

すぽん、と抜けた感じですね。

切断した部分は看守の血で治り、草の剣は花に…。

絵がシンプルなのでグロくはないですが

シュールな見た目と違って精神的に重い…。

 

痛がるフィンを離さずにいたジェイクも大変だったけど

あれは離さなくて正解だった。絶対。

腕が何だろうと、あの父親と一緒に行くようなことになったら

フィンは不幸にしかならないもん…。

 

普段、口数の多いジェイクがそっと寄り添って「何とかなるからよ…」

しか言えなかったのが、印象的でした。

そういえば、一緒にミミズのシェルビーも居たんだけど、

イラストに入れ忘れたな。

いや…下絵の時点では居たんですけど、おかしいな。

 

並行世界はともかく、

前世のショウコも親のエゴで腕を失くしているし、

何かの象徴なんでしょうか。

彼女の心残りはフィンが晴らしてあげましたが

因果がまだまだ巡って居そうです。

 

リッチはおそらく

致命的な傷さえ瞬時に治す超再生力のあるシタデルの看守の血により

肉体を得てしまい、生まれ変わってしまったというか…若返った?

一旦危険な存在ではなくなった様ですが…。

ツリートランク夫妻に預けられて(押し付けて?)

スイートピーと名付けられたリッチ坊や…、

歳取って死んだらリッチに戻りそうですし、何かの切欠で

邪悪に染まりそうな感満々で不安ですね。

 

現在、夢の儀式以降まで観たので、フィンの腕が草の剣の芽のおかげかなのか、

はたまた違う理由なのか、とにかく再生したことは観たのですが

父親のこともあってかフィンの黒歴史が目一杯増えましたね。

思春期真っ盛りのところにあれじゃあ

そうなるかもなぁとも思いますが。

 

塔を作る回では

フィンを信じて塔の麓でひたすら待ち続けるジェイクと、

フィンを案じて一計を練るバブルガムとで

スタンスの違いがハッキリと出ましたね。

おそらく、どっちも必要だったんじゃないかな。

父親に化けて思い切り殴られてあげる超行動派のバブルガムも、

なるべく変わらない様子を装ってでも、待っててあげるジェイクも。

 

バブルガムの為政者としての冷徹な判断基準や

少し行き過ぎた科学者としてのエゴイズムは観ていて困惑しますが、

彼女は彼女なりにフィンを心配する気持ちはあるんだなぁと

少し安心した回でもありました。

 

腕が再生する場面を見ても、

やはり作品の正ヒロインは彼女なんでしょう。

くっつくかは別として。

 

さて、衝撃のフィンの父親周辺の話しはこの辺にして、

次の記事ではプリズモとジェイクについて語り倒したい所存です。

語彙力がないので書けるかは不明ですが。