読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☠状態異常だけど☠

ばっちり慢性化したパニック障害を抱えた腐女子の日記。好き勝手に語りたいことを書き連ねます。

【モブサイ】メンタルセキュリティ

f:id:rena97:20170128170741j:plain

f:id:rena97:20170128170758j:plain

ちょっと腐臭の薄いものをチョイス。

 

モブサイコ100』の魅力のひとつは、

主人公、モブの感情がじわじわ溜まっていき、一気に爆発する、という

爽快感にもあると思います。

 

が、本人はこれを結構嫌がってますよね。

抑圧された感情はストレスになり、結局爆発してしまうんですが、

それを緩和する役割を担うのが詐欺師でしょうもない大人の霊幻です。

 

霊幻は自分でも自覚する通り、「少し器用なだけの『何者』でもない大人」で、

それに対し劣等感というよりは諦めと「飽き」を抱えています。

 

がむしゃらに努力しなくともある程度スキルが身に付いてしまうタイプで

それに酷く飽きている。

故に妙な事務所を開いて詐欺師なんかしていたんですが、

影山茂夫に出会うことで人生がガラリと変わりました。

 

ここでポイントなのは、

霊幻自身の家庭環境は台詞や彼の行動から察するに良好であり、

詐欺師やってるくせに倫理観もまとも、というところ。

 

しかも、弁が立つ人にありがちな「押し付けがましさ」がない。

言っちゃえば超ドライ。

故にモブも芹沢も気負うことなく相談所に通えるわけですね。

 

メンタル面が鋭敏な人間はパーソナルスペースも広いので

二人共こういったドライな上司に出会って幸運だったんじゃないでしょうか。

 

まぁ…師匠自身も結構メンタルに問題を抱えているのですが

それはまた違う記事で。

 

上の漫画の通り、

最強サイキッカーと爪のボスが幹部に引き入れた強者サイキッカー

そして上級悪霊まで味方につけて

物理的には世界一安全な場所に居そうな霊幻ですが、

全員のメンタルを支えていたりするわけです。

 

地雷持ちサイキッカーの二人は勿論、原作の「最上編」などを見ると

エクボと霊幻もお互いに本音で話せる関係ですし。

 

ちゃんと『いい奴』に育ってきているモブですが、

実は師匠が傷付いたりすると、感情が一気に振り切れたり

爆発状態でなくとも、霊幻を傷付けた者を「自分の判断で」

間接的に攻撃するシーンまで出てきます。

これ、かなり重要だったりする。

 

どんな時も「超能力を人に向けてはいけない」を自戒にしてきたモブが

爪のボスに「怪我をして学べ」と

説得の姿勢を一気に解いて攻撃に転じるシーンがあるのですが

切欠は「師匠を攻撃されたから」ですし。

 

ここで芹沢さんのフォローが間に合わなかったら

市ごと消滅したんじゃないだろうか…。いや、ホント。

 

何が言いたい記事なのか分からなくなってきましたが、

とにかく霊幻師匠が好きだってことと、

原作での不在が辛いので早く出てきてくれないかな!

ってことで。

原作の更新辛い…。

エクボのことはまだ言及しないでおく。辛い。